Works

  • 正面外観。午前中は庇の影が面白く変化します。

  • 2階建の庫裡部分外観。

  • 右側に伸びるのが納骨堂です。

  • アプローチ。

  • 本堂。木製トラス構造で、8mとばしています。

  • 本堂出入り口。トップライトからの自然光。

  • 玄関。

  • ご本尊の軸上にあるシンボル柱。

  • 庫裡の居間。

  • トラスを組み立てる棟梁。精度が要求され、ご苦労されています。

  • いよいよ1本目のトラスつり込みです。

  • 空を背景にしたトラス。

  • シンボル柱は設計者自ら、想いをこめて掘り込みを入れました。

  • 手摺の擬宝珠。彫刻家の浅井憲一さんに製作していただきました。

  • 左右で対になっています。

  • 構造体図。

寺院

Temple, sapporo, 2016
木造2F、500㎡、施工:西岡建設

仏教寺院の移転新築工事です。①敷地は不正形で傾斜地。②切土盛土はしない。③木造で本堂は1階とする。これらの条件は計画の自由度をとても制限したのですが、逆に「こうするしかない!」という案ができました。最も重要な空間である本堂(スパンが8mあり、木造でつくるにはそう簡単ではない長さです)の梁の構造はシンプルで明快なトラスを採用しました。梁には装飾をほどこし、人々が集まる場所としての安心感・高揚感を持たせました。(構造設計者には、力の流れがわかりづらくなった、とおこられました)